うつ病と知って始めたイフェクサー!気分も良く副作用も大丈夫

SNRI抗うつ剤

うつ病の治療においては薬剤を使用することが多くあり、 その薬剤の種類も実に多様化が見られます。
うつ病の治療に用いられる抗うつ剤は、SNRI、SSRI、NaSSA、三環系、四環系などに分けられ、それぞれ特徴も異なります。
これらの抗うつ剤は日本ではほとんど市販されておらず、医師の診断のもとに処方をされるか、個人輸入などで購入することになります。
ここではそのうちのひとつで、SNRIであるイフェクサーを紹介させていただきます。
まずSNRIとは、Selective Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitorsの頭文字を取った、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害薬や、選択的セロニトニン&ノルアドレナリン再吸収阻害薬という意味を持ちます。
このSNRIは新規抗うつ剤と呼ばれ比較的歴史の浅い、新しいタイプの抗うつ剤です。
このSNRIに属するイフェクサーも、日本では製造販売が認可されていない抗うつ剤で、一般名を塩酸ベンラファキシンと呼びます。(※)
うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の量が減少することにより症状が起きます。
脳内のシナプスから放出された神経伝達物質は、再取り込みといい再びシナプスへ回収されます。この再取り込みの働きを阻害するのが有効成分のベンラファキシンになります。(※2)

副作用には、吐き気、頭痛、食欲不振、不眠、口の渇き、めまい、下痢、性的不能不安感、などが挙げれられています。
SNRIは比較的副作用が軽く少ないと言われていますが、重篤な副作用が現れた場合は、直ちに使用を中断し、医師の診断を受けるようにしましょう。


(※)SNRIとしては、イフェクサーの他に、サインバルタ(デュロキセチン)やトレドミン(ミルナシプラン)などがあります。
(※2)セロトニン、ノルアドレナリンに比べて、若干ではあるがドーパンミンの再吸収も阻害するとの研究結果があります。